都会という森林の中の
製紙工場

印刷物やオフィスなどから出るコピー紙などの紙を原料とし
再生紙100%の循環型社会を推進しています
わたしたちは
機密書類が多く発生する首都圏に工場を持ち
いわば「都会という森林」の中で再生紙を生産しています

Sustainability

自然と人が
ともに生きる社会を
鶴見製紙の考える
サステナビリティ
創業以来、古紙のリサイクルを行ってきた鶴見製紙。
1982年に、再生紙100%のトイレットペーパーメーカーへと生まれ変わりました。
2004年には、古紙リサイクル事業から派生した、機密文書の溶解事業がスタート。
資源が循環するシステムを作り広げること。これが鶴見製紙の使命です。
  • 機密書類溶解サービス 機密書類・古紙 機密書類溶解サービス 首都圏のオフィスビル・官公庁・大学などから
    機密文書や書類を回収し、再生紙の原料として活用
  • 環境への配慮 リサイクル 環境への配慮 地球に優しい再生紙100%、高品質で肌触りの良い
    トイレットペーパーを製造
  • 直販システム 販 売 直販システム 問屋を通さず、スーパーやドラッグストア、
    ホームセンターへ直接商品を販売
循環型社会の創造と拡大に取り組んでいます 美しい緑と水を次世代に残すため鶴見製紙は現実的なとり組みをしています
Company Philosophy
地球環境を思いやる物づくり
循環型社会を創造し広げる
鶴見製紙は
地球の美しい緑と水を次世代に残すため
常に最新の設備と技術で
最高の再生紙100%のトイレットペーパーを提供し
エネルギー消費の少ない循環型社会の創造の一翼を担い
地球環境の保全に貢献していきます
鶴見製紙は機密書類を積極的に再生紙として活用する企業です ペーパーレス化の進む昨今でも書類コピー紙などの需要は存在しており、中でも、文書の秘匿性を保ったまま溶解処分するサービスを自社工場でご提供しています
鶴見製紙の特徴
再生紙の原料ペーパーゴミ回収
再生紙の直販システム
鶴見製紙は、
「原料」と「製品化」そして「消費」を
同じ地域でのひとつのサイクルとして捉え、
よりコストを抑えつつ
循環型社会を創造することを目指しています
ページトップ