トップメッセージ

目指すは
人と地球環境の未来を幸せにすること。
これまでも、これからも

地球環境を思いやるものづくりで循環型社会を創造し続ける。

私たちの使命は、大切な資源である「紙」を循環させて、地球の美しい緑と水を次世代に残すこと。
印刷物やオフィスから出る紙ごみなど燃やされてしまう紙を回収し、
もう一度エコパルプ100%のトイレットペーパーとして再生して、企業や家庭へ戻しているのです。
事業そのものが地球環境保全につながるだけでなく、焼却処分される紙の量を減らすことで、カーボンニュートラルにも貢献。
ほかにも、工場のボイラーを完全都市ガス化、工場内で作業をするフォークリフトの電動化、配送車両を低燃費低公害車両にする、
最新鋭の排水設備を通して工業用水を再利用するなど、社内には環境に対する配慮がいっぱいです。
地球環境を思いやるものづくりで循環型社会を創造し続ける会社。それが、私たち鶴見製紙なのです。

首都圏にある製紙工場。
その立地メリットは計り知れない。

再生紙なのに、バージンパルプに匹敵するほどのやわらかさと使いやすさ。高い技術力が生み出す品質の高さはお客さまから定評をいただいています。
その商品力以上に当社の強みとなっているのが立地です。原料となる機密書類が多く発生する首都圏に工場を持つということは、森林の中でパルプ工場を営むようなもの。おまけに、トイレットペーパーは人口の多いところでたくさん消費されるため、消費エリアの真ん中に工場があるということになります。当社は小売店へのメーカー直販スタイルで、これは中間マージンが発生しないため両者win-winのビジネスモデルなのですが、その小売店のお客さまに対してスピーディに商品を供給できるのも好立地のなせるワザです。

働く人が自慢できる会社になるために設備と人への投資を惜しまない。

鶴見製紙では常に未来を見据えて最新の設備機械を導入しています。
ライン制御の自動化システムの構築、排水処理設備の更新、原質工程における大型の設備導入など計画的に投資。
現在は新しい工場の新設工事も進んでいます。
設備投資とともに重要視しているのが、働きやすい環境づくりと人への投資です。
ICTの充実による業務改善、経営計画書や勉強会による価値観や方針の共有、環境整備による気づきの心の養成など、働きながら成長できる仕組みを整備。さらに、社内レクリエーション、飲み会などを積極的に開催して、社員同士のコミュニケーションを図っています。
社員全員が物心両面から幸せになり、お客さまと世の中の役に立つ会社にすること。
それが私のビジョンです。そのために社員の成長には投資を惜しみません。
価値観を共有し、鶴見製紙の将来像を描いてくれる未来の幹部候補との出会いを心待ちにしています。

企業価値観

『経営理念』

我が社はリサイクルを通してお客様の満足を追求すると同時に、
社員全員の物心両面の幸せを追求し、循環型社会の創造と地域環境の保全に貢献し続けます。

以上の3つを磨き上げ、
社員が夢の持てる会社にしていきます。