物流部・金澤 桃さん

ご注文いただいた商品をお客さまに確実に
お届けすることが私たちの役割。

理系の知識を生かす仕事ができて
働きやすさがある当社を選択。

大学で学んだ化学の知識を生かしたいと考え、メーカーを中心に就職活動を展開。また実家の近くにいられるよう、埼玉県内にあり転勤の可能性が少ない会社を探していて、鶴見製紙を見つけました。説明会や選考過程において、アットホームな社風に触れ、働きやすそうな会社だと思ったことが、当社を志望した理由です。
入社後は経営管理部に所属。経理や総務などの業務を通して、社員が仕事に集中できる環境を整える仕事をしていました。2020年10月に物流部に異動。配車業務を通して、ご発注いただいた通りの商品をお客さまにお届けする役割を担っています。システムに入ってくる膨大な量の注文に対して配送のコースを組み、パズルのように車を割り当てて、伝票を出力し、ドライバーさんごとのファイルをつくる。これが1日の仕事です。

1日で完結する仕事だから毎日達成感を味わえる。

年末などの繁忙期には注文が殺到します。車の台数が足りなくなるため、そこをどうまわして配車していくかが、私たち物流部の腕の見せどころ。ドライバーさんに協力してもらったり、コースを見直したり、さまざまな工夫をして間に合わせます。無事に配車し終わったときは、本当にやり切った感がありますね。経営管理部にいたときは、一人作業が多かったのですが、今の仕事はチーム戦。達成感を皆で分かち合えます。また、どんなに忙しくても1日で完結できるので、気分がすっきり。私は現在、DX委員会のメンバーにもなっていて他部署と連携しながら業務改善を行っています。いろんなことにチャレンジして視野が広げ、成長できる。それが鶴見製紙の魅力だと思います。