沿革 | 鶴見製紙株式会社

会社情報COMPANY

大正11年
初代社長 里和儀助が富士市で里和抄紙部設立。
大正14年
東京都荒川区に小台製紙合資会社設立。
昭和8年
里和抄紙部と小台製紙合併。里和製紙株式会社設立。
昭和20年
神奈川県横浜市鶴見区に鶴見製紙株式会社を設立。戦後いち早く黒ちり紙の生産を開始。
昭和32年
埼玉県鳩ケ谷市に鶴見製紙株式会社鳩ヶ谷工場を新設。
昭和41年
横浜市鶴見区本社工場を閉鎖、鳩ヶ谷工場を本社工場とする。
昭和45年
ソフトちり紙の生産開始。
昭和46年
二代目社長 里和義雄が代表取締役社長に就任。
昭和50年
3号抄紙機 を新設、ソフトちり紙を増産。
昭和56年
東京湾水質総量規制に適合すべく、散水生物処理設備を新設。
昭和57年
2号抄紙機を改造、トイレットペーパーの生産を開始。
昭和62年 9月
1号抄紙機(ベストフォーマー)及びノンストップワインダーを新設。
平成2年 9月
新3号抄紙機(ベストフォーマー)完成。ノンストップワインダーを2基及び仕上加工ラインを増設。
平成7年 9月
新仕上工場、倉庫及び新社屋完成。
平成8年 9月
三代目社長 里和永一が代表取締役社長に就任。
平成9年 5月
12尺パルパーを14尺パルパーに更新。原料処理能力100トン/日となる。
平成9年 8月
自動包装機、段ボールケーサー、ロボットパレタイザーを導入。
平成12年 5月
機密書類の受入を開始。過酸化水素漂白タワー新設。
平成12年 8月
排水処理施設「三相流動槽」「クロフター」を新設し水質の環境対策に万全の体制が整う。
平成13年 5月
工程水ろ過設備:ガンマフィルター2基新設。
平成13年 8月
排水処理施設「三相流動槽」「クロフター」を新設し水質の環境対策に万全の体制が整う。
平成14年 5月
重油を都市ガスに転換。ガス貫流ボイラー導入(NOX,SOX,CO2対策完了)。
平成14年 7月
紙管製造機2台導入し紙管の自社生産開始。
平成15年 11月
新2号抄紙機(ベストフォーマー:抄速1,000m/分・日産能力50トン)を新設。
原質ラインにEOSISシステム導入。完全自動化完成。仕上ライン昼夜勤操業体制開始。
平成16年 5月
工場・流通センターにデジタルセキュリティシステム(監視カメラ)導入。
機密古紙受入で業界初の動画による溶解証明書サービスを開始。
平成16年 9月
環境整備を全社展開。ボイスメール導入による情報IT化を推進。
平成17年 7月
エントランス棟新設。
平成18年 2月
彩の国経営革新モデル企業指定。
平成19年 5月
情報セキュリティシステムISO27001を製紙業界で初めて取得。
段ボールケーサーラインを廃止し、全ラインにクラフトケーサーを導入。
平成19年 9月
環境マネジメントシステムISO14001を物流部門で取得。
平成20年 2月
富士鶴見製紙株式会社設立。富士工場稼働。
IT経営実践企業認定(経済産業省)
平成21年 8月
埼玉県戸田市に物流センターを移転。
平成21年 11月
沼津工場新設稼働。沼津物流センター新設。
平成22年 8月
4ロール包装トイレットロールの生産を開始。
平成23年 12月
旧芝川水質浄化のため本社工場排水処理施設「三相流動槽」を増設。
平成24年 7月
コージェネレーションシステム(ガスタービン発電機)を本社工場に新設稼働。
平成24年 10月
沼津工場に排水処理施設「三相流動槽」を新設し水質の環境対策を整える。
平成27年 11月
環境配慮型トイレットペーパーとして平成27年度KAWAGUCHI i-mono(いいもの)ブランドに認定。
平成29年2月
新排水設備「加圧浮上槽」増設